FC2ブログ





バスと大相撲と落語とアイマスとクレージーキャッツを愛してやまないスーダラ人間の雑記。



プロフィール

漫遊

Author:漫遊



サークル:
「山百合亭」

備考:mixiはこちら


秘蔵の(?)
フォトアルバムも御覧下さい。
アルバム最終更新:07/01/21

↓押してくだ~さりゃ、こりゃ泣け~てく~る。


@メールはこちらから@







サイトの風通しを良くしています。


おすすめ。








最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


車内名刺の話。
meisi2.jpg


私がバスに乗った時に気にするもののひとつ、それが車内名刺。

なぜかって、私は子供の頃からバスに乗ったらその日付と会社名、車の登録番号(ナンバー)、社番(ない会社もあるけど)、所属営業所、分かる限りの車種、乗降停留所などを逐一記録しているからである。

まあ途中飽きて記録を付けなかった時期もあるし、100円ショップで売ってるような適当な小さいメモ帳に書いているし、整理が苦手な私なので今までの記録のうちどれくらいが実家に置きっぱなしで、どれくらいが手元にあるのかすら分からないくらい適当な記録であるが、たまに部屋を整理している時に昔の記録を見つけ何気なく眺めていると、そういえばこの時期はこのバス会社に凝っていたな、とか、この時はここへ旅行へ行ったんだっけ、などなかなか楽しい。

さておき。
首都圏のバス会社は車内名刺を前ドアの上や運転席頭上、方向幕の裏側などに申し訳程度に付けているだけで、きちんと乗客に見えるように掲示していない場合が多い。
これでは車内名刺の意味があまりないと思う。

何せ私の故郷茨城では、茨城交通も茨城オートも日立電鉄も関東鉄道もみなきちんと運転席の後ろの壁の上部に、はっきり乗客に見えるように車内名刺を掲示しているし、一般的なバス会社の車内名刺の数倍の大きさがあるので一目瞭然なのである。
そういうのが当たり前の環境で育った私としては、こっちに越してきてから乗ることが多い都バスや東武バスの車内名刺の掲示の仕方は正直好ましくない。
京成バスや京王バスは運賃表や停名表示機の下に車内名刺が付いているので分かりやすいが。
しかし京王バスの「運転士」を「営業係」と呼ぶ体質は何とかして欲しいが。しゃべらなくていいから運転に集中してくれ。バスの運転士は接客なんぞよりも乗客を安全に運ぶ事の方が大事なのだから。

そういや岡山の宇野バスは車内名刺だけじゃなくて、宅急便や運送会社トラックのようにバスのお尻にも後続車に見えるように名札を付けていたっけ。

まあそれは置いといてだよ。
参考までに茨交の車内名刺の写真を貼ってみました。
大きさとしては大体ゲーマガや電撃G’sマガジンくらいのサイズを想像して下さい(分かりにくいな)。
でもバスの車内ではっきり掲示しようと思ったら実際そのくらい大きくないと意味を成さないと思うんですが私は。

ちなみに運転士の実名は隠さないといけないのでナンバーと運転士氏名はネタにしましたww
……ってどうした千早? ちょっと待て、エアガンは人に向けて撃っちゃry。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
漫遊さん、こんにちは!!
福井県の良さを語り広めていこうという県民運動「考福学」の
イケメン(?)マスコットで「ふくいブランド大使」でもある考福まなぶです!!
ハッピー小学校の4年生で、昔から恐竜博士に福井県のことを教わって勉強してきたプチ
福井博士です。

さてさて、僕の大好きな福井県で、今年の9月下旬に女性落語大会が開催されます。
僕の友達の魅力ディスカちゃんも「魅力亭出好歌(ですか)」として落語家デビュー予定!!
ちなみに、出場資格はプロ、アマを問わず、女性で落語好きであれば誰でもOKで、
6月30日から出場希望、観覧希望も募集開始しています。
おいしい食や豊かな自然、恵まれた生活環境に支えられた健康長寿など
数多くの魅力がいっぱいの福井県! 
そんな福井にこの大会をきっかけにぜひともお越しください!!

決勝戦当日は、日本の女性落語家の草分けである露の都師匠や、
先日「笑点」で真打昇進披露を行った講談師・日向ひまわり師匠など、
今をときめく女性落語家によるお噺もあります!!

また、福井県のおいしい食材を9割以上使って新開発予定のオリジナル女性落語弁当、
本格的な着物や帯がひとりで3分で着られるという画期的な着物も当日販売(予定)!
これがあれば、練習中にも簡単に着物が着られて、本番さながらで練習できるため、
皆さんの噺のスキルもアップすること間違いなし!!

さらには、決勝大会午前中に福井県のことを知り尽くした落語家が口上を語りながら福井の名所をご案内と内容ももりだくさん!!

詳細は、大会のホームページ

http://info.pref.fukui.jp/seiki/brand.html

をご覧いただくか、僕のブログ

http://ameblo.jp/kofuku-manabu/entry-10113724891.html

をご覧ください!!

と、なんか大会の宣伝ばかりになってしまいましたが・・・
皆さん、ぜひとも福井に来てくださいね!!
【2008/07/14 13:37】 URL | 考福まなぶクン #vu3fy0CQ[ 編集]

『茨城交通』ってとこがロゴ入りになったんですねー。

私も車内名刺には興味があり、撮れるところでは撮ってますよ。
(もっとも、車内に掲示している社名プレートフェチですがwww)

茨城ビックスリー(関鉄・茨交・電鉄)のうち、関鉄と電鉄は京王みたいに写真入りになりましたね。
(元祖は新潟交通みたいですが)
それ以前も、両者は電光式の車内名刺だったので、結構目立ちましたね。

これは3社共通ですが、どこの営業所のバスかハッキリわかるのが嬉しいですね。


ちなみに東急は運転士を『サービスプロバイダー』(子会社のトランセ)とか『サービスクルー』(バス本体)とか呼ぶらしい。
しかし、『クルー』の方は名前とサービスが伴なっていないと思うのですが。
【2008/08/18 18:19】 URL | 元茨交利用者 #Y61.57lY[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。