FC2ブログ





バスと大相撲と落語とアイマスとクレージーキャッツを愛してやまないスーダラ人間の雑記。



プロフィール

漫遊

Author:漫遊



サークル:
「山百合亭」

備考:mixiはこちら


秘蔵の(?)
フォトアルバムも御覧下さい。
アルバム最終更新:07/01/21

↓押してくだ~さりゃ、こりゃ泣け~てく~る。


@メールはこちらから@







サイトの風通しを良くしています。


おすすめ。








最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日はバスって気分なんです。
「桂言葉様至言集」より抜粋。(←そんな本ねぇよ)


最近めっきり落語と相撲とアイマスと百合とヤンデレが好きなイメージが定着してしまった私ですが、私という人間の趣味の根本にはそう、路線バスがあるんです。

バスがなかったら私は今頃生きていないというくらいバスは私にとって切っても切れないものなんです。


ところが今の職場に勤めるようになってからなかなかバスに乗る機会がない。
これはいかん、というので今日は仕事帰りに会社から自宅までバスだけで…は時間的に無理な気がしたので、とりあえず松戸駅から北小金駅まで寒い中バスを乗り継いでみた。

経路としては、松戸駅(松14)東松戸駅(八柱7)八柱駅(八柱9)小金原団地(小金3)北小金駅というもの。
すべて松戸神経性…じゃなかった、新京成バスの路線。
新京成バスはその「信用制前払い」の運賃収受方式がどうも慣れなくて今まで敬遠しがちだったのだが、これもいい機会とここぞとばかりに乗りまくった。
全部いすゞ車ばかりなのはちょっと残念だが、7Eワンステやエルガミオノンステ、エルガワンステなどなかなかバラエティに富んでおり、しかも「どうせ駅から住宅街までの短距離路線ばかりだろう」と舐めていたが意外に狭隘路線や起伏の激しい路線が多く、思ったより乗り応えがあった。
それにしても今のワンステって車内がすごくフラットになってるのね。前輪のタイヤハウスとドアのステップと車輌中央部以外に段差がまったくないんだもの。これなら下手なノンステよりずっといいよ。とりあえず交通バリアフリー法は悪法です。

また、普段行かない場所や乗らないバスに触れると新たな発見があるもの。
なんと東松戸駅からは京成バスの本八幡駅行なんて路線があったのだ。しかも時間3本くらい。
東松戸~本八幡って、意外な取り合わせ。これはかなり気になる路線ではある。年明けの東大島での参遊亭新春寄席の時に乗ってみようか。


さらに思わず笑ってしまう事が。

京成グループといえばあのキモいパンダがマスコットキャラになっています。
JR東日本のペンギン、東武鉄道のとぶっち、北陸鉄道のアイカちゃんなどに比べ何てキモいんだろうこのパンダ。
BMK運動といい京成のセンスはホントようわからん、という意見はこの際おいといて。

現在京成グループの電車やバスには京成カード並びにオートチャージ機能付きパスモの広告がよく掲示されています。もちろんその広告には件のパンダが仁王立ちしてます。
松戸新京成バスの車内にもその広告が御多分に漏れず掲示してあるのですが…。
よりによって、広告掲出期限の押印が……パンダの腹に押してある。

あのー、普通掲出期限の印って隅っこのほうに目立たないように押すもんじゃないの?
しかも松戸新京成バスでパンダの腹に押印してある車輌、1台だけじゃないよ? 次に乗ったバスでも同じく腹に押してあったよ?
もしかして松戸新京成バスの全車輌の広告で同じように腹に押印してあるんじゃないのか?
何遊んでるんだよこの会社は! そんなにこのパンダを陵辱してどうしようってんだよ!(爆)

皆さんも機会があればぜひ、そんなユカイな松戸新京成バスに乗ってみてね。


ちなみに京成グループの他の会社ではどこに日付印が押してあるか、情報をお待ちしております。まさかグループ全体で腹押印やってたりしないだろうな。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
激しくわらた。いったい京成はなにやってるんですかね。
【2007/12/21 01:37】 URL | Satchan #-[ 編集]

ホント何やってるんでしょうね。
まあ今の世の中、こういう遊び心はあってもいいとは思いますが(笑)
【2007/12/21 22:33】 URL | 漫遊 #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。