FC2ブログ





バスと大相撲と落語とアイマスとクレージーキャッツを愛してやまないスーダラ人間の雑記。



プロフィール

漫遊

Author:漫遊



サークル:
「山百合亭」

備考:mixiはこちら


秘蔵の(?)
フォトアルバムも御覧下さい。
アルバム最終更新:07/01/21

↓押してくだ~さりゃ、こりゃ泣け~てく~る。


@メールはこちらから@







サイトの風通しを良くしています。


おすすめ。








最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今後のイベント予定と散文。
病み鍋が無事終わったのもつかの間、年末年始に掛けて予定が詰まっています。

とりあえず現在ほぼ確定している予定。

・11/18
コミティア。マイミクさんのスペースにて売り子をします。

・11/23
アイプロ4に一般参加します。そういえば来年のキャラオンリーはどうなるんでしょうね? 千早オンリーやるなら絶対サークル参加しますよ?

・12/31
コミックマーケット73三日目。カ-23b「山百合亭」。アイマスにてパロ小説を出す予定。主役は社長か小鳥さん。
あー、でもヤンデレ本も書いてみたい。

・2008/1/5
江東区東大島文化センターにて開催の「参遊亭新春落語会 がまん The GAMANⅡ」に出演。
演目は「黄金餅」の予定。「正月早々物騒な噺をやるなよ」とお思いでしょうが、大丈夫。物騒といえばあの歌丸師匠だって新年早々「後生鰻」をやってましたから(←一緒にするな)。あと「死因が餅」というのは正月にはつき物かと(やめい)。
冗談はともかく、長ゼリフを早口で捲し立てる噺をやりたかったんです。
あの「下谷の山崎町を出まして、あれから上野の山下へやって参りまして三枚橋を渡って上野広小路へ出てきた。あれから御成街道をまっすぐに参りましてその頃堀様と鳥居様のお屋敷の前をまっすぐに筋交御門から大通り、神田須田町へ参りまして、新石町から鍛冶町、今川橋を渡って本白銀町、石町から本町、室町を抜けまして日本橋を渡って通り四丁、中橋から南伝馬町を抜けまして、京橋を渡ってまっすぐに尾張町を参りまして、新橋を右に切れて土橋から久保町、新し橋の通りをまっすぐに愛宕下へ参りまして、天徳寺をくぐって神谷町から飯倉六丁目、坂を上がって飯倉片町、その頃おかめ団子という団子屋の前をまっすぐに麻布の長坂を下りまして、十番へ出て大黒坂を上がって、一本松から麻布絶口釜無村の木蓮寺に着いた頃にはみんな随分くたびれた(この文章をキーボードで打ってる私も随分くたびれた)」というアレをやってみたいんですよ。問題はどうやって噺全体の所要時間を縮めるか。
長ゼリフという事で、最初は「やかん」をやろうかと思ったんですが、スクイズの最終話での言葉様を見ていたら無性に「黄金餅」をやりたくなりましてね(えー)。


話変わって。
落語といえば春風亭小朝師匠が離婚というニュースを聞いてびっくりです。義弟のいっ平さんの三平襲名決定の直後だけになんか色々下衆の勘繰りをしてしまうんですが…。
「正蔵も三平も埋まった今、海老名家に関わってても得がない」とか…。
でも師匠の名の柳朝も既に継がれているし。…って、そう言えば小朝師匠は圓朝襲名を狙っているという噂を小耳に挟んだ事があるんですが…ホントなんですかね?



あ、長ゼリフといえばヤンデレキャラの特徴のひとつみたいになってますけど、実際私が今まで触れたヤンデレ作品の中でその手の長ゼリフって見たことがないんですよね。
「そんな長ゼリフを噛まずに言えるんだったら更生して落語家か講談師になったほうがいいだろ」とツッコミたくなるくらいの(笑)、長ゼリフ捲し立てを披露してくれるヤンデレキャラってどなたかご存知ありませんか?


以上、取り留めのない駄文でした。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。